FC2ブログ
topimage

2018-11

壁紙を変えるだけで、とても印象が変わる。 - 2018.09.12 Wed

Monica Schreiber 2018_09_12 20_38_58



た〜くさん、エオインしていられる日です。

だからね、あれやこれやと、やってみたいことがあったのですけれど、今日という日が終わろうというこのとき、気づけば、ハウジングで終わっておりました。や、一応ね、理由があってね。途中、友達から電話がかかってきて、「後でまたかける〜」という言葉とともに通話終了になったから、落ち着かなくて、一人で遊べるハウジングを始めて、気づけば夢中になっていたのですよ、いつも通りに。

で、ちょうどいいから、半端な状態になっていた、おうちのハウジングを始めました。

主に地下をやったのですよ。以前と、ほとんどレイアウトは変えてないんですけれど、壁紙と窓を変えました。それだけですのに、ずいぶんと和風らしくなってくれて、さらには部屋も明るくなったような気がします。これ、階段を降りたところですね。


Monica Schreiber 2018_09_12 20_35_56




地下への階段を降りて、奥を見たら、こんな感じになっています。はじめはさ、パーティションで区切ろうとしたんですけれど、そうしたら狭く見えたんですよね。狭く見える部屋は、背の高い家具を使って広く見せる。リアルハウジングでも使う知恵ですけれど、こちらでもそうしてやろうかしら、と思ったり。

中央の絵画は、G3の額に、マケボで購入したものをはめ込んでいます。そういえば、ご存知でした? マケボの絵画って、プレビューでどんな絵画なのか、確認することができるんです。いや〜、わたし、先日初めて知って、大喜びしましたよ〜!


Monica Schreiber 2018_09_12 18_28_21

Monica Schreiber 2018_09_12 20_38_10




絵画の隣、ドマ風衝立で隠れている部分です。とても置きたかった家具は、紀行録です。ですがもちろん、東方の化粧箱たちも使いたかったのですよね。だからここは、日記(?)を書きながら、身支度もしているスペース、みたいな感じで。そばにある洗濯カゴは洋風な家具ですけれど、洗い物はたぶん、世界共通だから! それからキセル箱も置いてみたり。うちの冒険者はどんなに頑張っても、色っぽい感じにキセルを吸えないタイプですけれどね、憧れはあるんだよ、ええじゃないかええじゃないか。


Monica Schreiber 2018_09_12 20_39_24

Monica Schreiber 2018_09_12 20_41_18

Monica Schreiber 2018_09_12 20_39_12




絵画の左側は、ソファスペースですね。以前から使用している白銀椅子などです。やけに分厚い白銀箪笥は、ふたつ、重ねているからです。なぜ重ねたかともうしますと、愛蔵品チェストを仕込んでいるからですよ。なかなかに好ましいデザインなのですが、ちょっとテイストが違うなあ、と感じたから隠したのですね。このままでもちゃんと愛蔵品チェストから出し入れできるから、大丈夫です。

それから、NPCさんたちと区切りの意味で置いている、シュラウドパーティションに沿って、白銀の本棚とカンパニーチェストを並べました。白銀本棚と白銀箪笥は、カララント・ロームブラウンで染色していますね。これは、NPCさんたちの前に置いているテーブルと同じ色です。同じような色合いだったから、カンパニーチェストは隠さずに、素直に並べています。

こんな感じで、いじって、今日はおしまいです。

や、一階もちょっとだけいじってるんですけれどね。
こちらは対照的に、洋風でまとめてるんですけれど、まだまだ終わってません。
だからまだ、おうちの鍵は閉めたままなんですよね。


Monica Schreiber 2018_09_12 20_40_52




や〜、導入された時から設置したかったキッチンのために、考えているようなハウジングです! 入り口から入ってきて、左側にコートをかけたり、洗った手をふく、というイメージでタオルハンガーを置いてみたり。あと、交流帳は地下から一階に移動させました。執事なじいさまがお客さまを迎えているようなコンセプトです。じいちゃん、頼むぜ……!

で、古物商なミコッテ彼女が、暇を持て余してご飯を作ってくれる、というコンセプト。や〜、ほとんど使わないからねえ、古物商。でもいてくれたら嬉しい。そして思いつきでミコッテ彼女にしたら、とっても可愛い子がやってきてくれましたよ、嬉しいよ!

一階の反対側はね、温室のような、ガラス一面にしているのですよ。
ここをどうしようかな、と考えつつ、今日はログアウトです。

や〜、楽しかった!
やっぱりねえ、ハウジングも楽しいです。

そういえば、次なるパッチでハウジングアピール機能や紀行録の拡張、がくるのですっけ??
(や、紀行録の拡張は記憶違いな気もします)

いまから楽しみだなあ。ハウジングアピール機能が始まったら、通りすがりでもおうちに入ってもいいよ、ってお人のハウジング見学、可能になりますかね? わたしはいつも、一人でフラフラしているから、なんとなく行きにくくて、いまはまだ、よそのお宅に行った事がないのですけれど、見学して回りたい気持ちがいっぱいです。こっそり、自分のお部屋も自慢したいなあ、という下心もあったり、あったり!!


関連記事
スポンサーサイト

あれこれと想像して、どこから始めようかとも考えたり。 «  | BLOG TOP |  » リセット日、時間の流れは特に加速する(気がする)

プロフィール

きむの

Author:きむの
キャラクター
Monica Schreiber
ワールド
Bahamut

最新記事

カテゴリ

はじめに (1)
冒険を始める前に。 (23)
新生エオルゼア (40)
クエスト (25)
戦闘 (8)
採集・製作 (2)
ちみっとな。 (5)
蒼天のイシュガルド (224)
クエスト (37)
戦闘 (50)
採集・製作 (16)
ちみっとな。 (121)
紅蓮の解放者 (258)
クエスト (33)
戦闘 (56)
採集・製作 (13)
ちみっとな。 (156)
ハウジング (47)
ミラプリ (47)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する